ボリュームがあるだけじゃない!細部までこだわっているRatRaceのおすすめアイテム ~ペンダントトップ編~

Sponsored Link

こんにちは、あすなろです

今回もシルバーアクセサリーブランド「RatRace|ラットレース」のおすすめアイテムについて記事を書いていこうと思います!

今回はペンダントトップについて書いていきます。

前回、前々回の記事でも書いた通りラットレースのアイテムはボリュームがあり、デザインもカッコよく、ハードなイメージが強いと思います。

実際に僕もそう思いますし、そこがラットレースのアイテム魅力でもあると思います。

ボリュームがありハードなデザインのシルバーアクセサリーとなると武骨で、ある言い方をすれば大味なアイテムが多いと思っている方もいると思います。

ですがラットレースのアイテムはハードなデザインながら細部にまでこだわりがみてとれるアイテムや美しさを感じるアイテムなどばかりなので、そのあたりの魅力もお伝えできればと思います!

おすすめペンダントトップその1「エースオブスペードリボントップ

こちらのペンダントトップはデザインとしては、リボンを滑らかにスクロールさせてスペードの形をしたデザインをしています。

シルバーという固い素材であまり厚みをもたせすぎすにリボン、そしてスペードというモチーフを表現するというのは難しいことなのですが、さすがはラットレースのアイテム、見事に表現されています!

リボンの部分には「Ace of Spade」という文字が刻まれており、切り札という意味もあるとお店の店員さんから聞いたこともあります。

刻まれている言葉の意味ひとつをとってもカッコよくて痺れますよね!!(特に男性の方には僕の気持ちがわかってもらえるはず。(笑))

またバチカンと呼ばれるチェーンを通すパーツの部分はさりげなくスカルのデザインになっていて、横から見るとそのパーツもスペードになっています。

そういった細かいところにもデザイナーであるRatさんのこだわりが見えますね!

大きさは最大縦幅が約バチカン含めて約54㎜、最大横幅が約29㎜なのでそこそこなボリュームがありますが、デザインがリボンということと、スペードの中心が抜けているようになっているということもあってあまり重く見えなので、男性はもちろんのこと、かっこいいアイテムが欲しいという女性にも着けていただけるアイテムだと思います。

おすすめペンダントトップその2「トルネードスカルトップスカルイン

こちらのペンダントトップ……

正直ゴツイです!!!(笑)

でもゴツくて厳ついデザインでかっこいい!そんなペンダントトップです!

デザインは中心のスカルにリボンがトルネードのように巻き付いているデザインになっています。ゴツいデザインとなっているのですが、中心のスカルのハードさと周りに巻き付いているリボンの滑らかな曲線美とのバランスが素晴らしいです!

またリボンの部分には「Give No Take NO」と刻まれており、何も与えない、何も受け取らないという意味が込められているそうです。持ちつ持たれつ、という意味もあるということも聞いたこともあるのですが、デザイナーさんに直接聞いたわけではないので機会があれば聞いてみたいとこです。

またこちらのペンダントトップのバチカン部分もスカルのデザインになっているのですが、さっきご紹介したペンダントトップのバチカンのスカルとは違うデザインでこちらのスカルのほうがぱっと見でもスカルだとわかるのでハードさがあると思います!

バチカンがスカルになっているだけでも細かいところまでこだわっているなぁと思うのですが、そのスカルさえもアイテムによってデザインが変わっているなんて素晴らしすぎませんか⁉

そういった部分でのこだわりの凄さもラットレースの魅力の一つだと僕は思っています。

大きさは最大縦幅が約85㎜、最大横幅が約21㎜なので縦は結構大きめのサイズですが縦長なので少し長めのチェーンで着けるとハードながらもスタイリッシュになると思います!

|まとめ

ということで今回はシルバーアクセサリーブランド「RatRace|ラットレース」のアイテムの中でペンダントトップについての記事を書いてみました。

記事の中で書かせていただいたバチカンの部分の話などデザインの細かい、デザイナーさんのこだわりが見えるところなどを多めに書いたのでそういった部分の素晴らしさも伝われば嬉しいです!

僕自身ラットレースのアイテムをいくつも購入していますがそういったこだわりが見える部分に気づくたびに「さすがだなぁ」とつぶやいてしまうほどです。(笑)

皆さんもラットレースのアイテムを手に取る機会があればそういったところも見ていただければより一層魅力的に見えると思います!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする